人の釣り日和、魚の釣られ日和

Posted by 傭兵隊長 on 水曜日 6月 19, 2013 Under その他

ジギングという釣りがあります。
船で沖に出てやる、海の釣りです。
広い意味ではルアーフィッシングに含まれるのですが、
ルアーといっても、使うのは、メタルジグ。
魚(のように見えなくはない)型の鉛の塊です。
これを船から海底に沈め、
アクションを付けながら巻き上げるわけです。
激しく動くとまるで小魚が暴れているように見え、
通りがかったフィッシュイーターたちが餌だと思って食いついてくるのを、
極太の釣り針にかけて、力任せに引き上げます。

このように書いただけでも荒っぽい“漢”な世界が想像できるでしょう。
実際、とてつもなくタフな釣りです。
ただ巻き上げるだけでは魚は反応してくれないため、
いろいろなパターンでロッドをアクションさせなければなりません。
ときには水深100メートルを超える伊勢湾口で、
激しい潮流に流されながらメタルジグを巻き上げる……
これを、早朝から昼過ぎまでの間、
少しずつ場所を変えながらずっと続けていくわけです。
釣りの性質上「大物狙い」にならざるを得ないわけで、
苦労する割りには、なかなかアタリが来ません。
  *釣れるときは、実に嬉しい魚が釣れます。
  *ハマチや太刀魚、そして鯛やヒラメの舞い踊りです。
いいかげんくたくたになったところででかいのがヒットしたりすると、
辛いのと嬉しいのがごちゃ混ぜになって、
もう大パニックだったりするわけです。

釣り一般は「レジャー」ですが、
ことジギングに関しては「スポーツ」、
見ようによっては「苦行」であるとも言えます。
なのに、なぜここまではまり込んでいるのか。
もちろん「狩猟本能」というのが大きいんですが、
加えて一つ挙げれば、ギャップ感。
伊勢湾というのは、“工都”名古屋の海の玄関。
セントレアあたりから内側は一面ずっと工業地帯ですし、
伊勢湾口には自動車運搬船だのタンカーだのといった、
巨大な貨物船が列を作って通っています。
なのに、水面下では、とても豊かで変化にとんだ海が拡がっていて、
そこにジグ一つのシンプルな仕掛けで挑んだりする、
そんなギャップ感がまたたまらなかったりするのです。

実は釣りを始めたのは大人になってからです。
最初は堤防の餌づりだったのが、だんだんとエスカレート、
気がついたらこんなところまで来てしまっていました。
昔、パソコンとかゲームとかに夢中で気付かなかった「おもしろさ」を、
こうしてあれこれ味わってるみたいな感じでもありますね。
(傭兵隊長)

Tags : | コメントは受け付けていません。

次世代機出揃いました

Posted by 主任 on 木曜日 5月 23, 2013 Under その他

次世代機が出揃いました。
性能だけみるとPS4の勝ちなんですが、
ゲーム機は性能だけでは勝敗は決まりませんから、何ともいえないところです。
日本では、PS3がXbox360に圧勝しましたが、
世界市場では、Xbox360の勝ちですし。
結局のところ、アメリカを制した方の勝ちとなってしまいます。

WiiUの販売は思わしくないですし、
だんだんとゲーム市場で日本の存在感が下がっていくのがちょっと寂しいです。

■PS4
・CPU Jaguar8コアカスタムCPU 2.0GHz
・GPU Radeon次世代GPU 1.84TFLOPS
・メモリ GDDR5 8GB メモリ帯域176GB/s
■仕様
・クラウドで将来すべてのPSゲーム互換を実現、まずはPS3からクラウド互換を取る
・PS4コントローラーのシェアボタンで動画や画像をアップロード
・VITAでPS4のすべてのゲームをリモートプレイできる
・サスペンドモード搭載
・400ドル前後

■Xbox One
・CPU Jaguar4コア×2CPU 1.6GHz
・GPU  D3D11.1級カスタムGPU 1.2TFLOPS
・メモリ DDR3 8GB メモリ帯域68GB/s
■仕様
・後方互換性なし
・500ドル/300ドル
・Windows8搭載
・ブルーレイ搭載
・中古ゲームは動く

Tags : | コメントは受け付けていません。

進級特別制作発表会

Posted by (VT) on 水曜日 3月 13, 2013 Under その他

2013年3月12日、進級特別制作発表会が行われました。

これだけだと、進級クラスが作品を発表しただけかなぁって思われがちですが、

前回の発表会が2月21日で、それから卒業式があったりイベントがあったりと

作品によっては、実質10日ぐらいで制作した作品となっており、

タイトルだけでなく、条件も本当に「特別」な発表会となりました。

明日は、発表しなかった作品も含め、すべての作品が展示されます。

超短期間に実現した努力の結晶である作品を楽しみたいと思います。

私が担当した範囲では6作品ぐらいの出展となるのですが、

総数では、とんでもない数の作品数が展示されるってウワサ・・・

全部見ることできるかなぁ?
(VT)

Tags : | コメントは受け付けていません。

平成24年度 作品制作学内展示会

Posted by クルミとナナミのパパ on 木曜日 2月 21, 2013 Under その他

本日、ゲーム・CG分野の作品制作学内展示会が実施されました。
2年生以上のクラスを中心に、半年または1年をかけてこの展示会・発表会に向けて制作をしてきました。

展示会は、学内のフロアーを利用して行い、ゲーム・CG作品をそれぞれ展示し、
在校生・教員が作品を見学をして回りました。

会場では、それぞれ作品を聴講・試遊などをし、教員・学生が作品に関する技術的な質問や批評などしている姿が見えました。

今回1年生は、展示を行いませんでしたが、3月中旬に進級特別制作発表会・展示会を行いますので、
それに向けて頑張っていってほしいと思います。

クルミとナナミのパパ

Tags : | コメントは受け付けていません。

先日2年生のM君と、制作中の作品について話し合っている時に、

ナレーションを入れた方が良いのでは?という話になりました。

誰に頼もうかと相談していたところ、M君は、実は頼みたい人がいる

とのことでした。どうやら、前期の制作発表会の時にとても魅力的な

声の先輩がいて気になっていたそうです。

ワタシもたぶん4年のN君だと察しをつけ、早速引き合わせました。

両者緊張の面持ちの中、会話は進み、N君はナレーションを

引き受けてくれました。シナリオが渡され、両者嬉しそうでした。

後日、M君はN先輩の貴重な時間を邪魔してはいけないと、

前もってしっかりと機材の調整をしていました。

そしてN君が呼ばれ、録音が無事終了しました。

ワタシも楽しみにしていたので音声ファイルを聴かせてもらったところ、

“なんということでしょう!”めちゃくちゃ上手い!いや、めちゃくちゃイイ!

そう。“上手い”と“イイ”は違うのです。

彼がどれほど練習したのかしてないのかはわかりませんが、

テンポや間、イントネーション、声の温かみ。そのどれをとっても

本当に感動させられるナレーションで、ワタシも感動してしまいました。

NHKのアナウンサーでさえ、おかしなイントネーションで話す人が

いますが、久しぶりに美しい日本語を聴かせてもらいました。

あとは、M君が映像とナレーションを上手く編集して

良い作品に仕上げるのを待つだけです。

プレッシャーかけとこ!

(二)

 

Tags : | コメントは受け付けていません。