人の釣り日和、魚の釣られ日和

Posted by 傭兵隊長 on 水曜日 6月 19, 2013 Under その他

ジギングという釣りがあります。
船で沖に出てやる、海の釣りです。
広い意味ではルアーフィッシングに含まれるのですが、
ルアーといっても、使うのは、メタルジグ。
魚(のように見えなくはない)型の鉛の塊です。
これを船から海底に沈め、
アクションを付けながら巻き上げるわけです。
激しく動くとまるで小魚が暴れているように見え、
通りがかったフィッシュイーターたちが餌だと思って食いついてくるのを、
極太の釣り針にかけて、力任せに引き上げます。

このように書いただけでも荒っぽい“漢”な世界が想像できるでしょう。
実際、とてつもなくタフな釣りです。
ただ巻き上げるだけでは魚は反応してくれないため、
いろいろなパターンでロッドをアクションさせなければなりません。
ときには水深100メートルを超える伊勢湾口で、
激しい潮流に流されながらメタルジグを巻き上げる……
これを、早朝から昼過ぎまでの間、
少しずつ場所を変えながらずっと続けていくわけです。
釣りの性質上「大物狙い」にならざるを得ないわけで、
苦労する割りには、なかなかアタリが来ません。
  *釣れるときは、実に嬉しい魚が釣れます。
  *ハマチや太刀魚、そして鯛やヒラメの舞い踊りです。
いいかげんくたくたになったところででかいのがヒットしたりすると、
辛いのと嬉しいのがごちゃ混ぜになって、
もう大パニックだったりするわけです。

釣り一般は「レジャー」ですが、
ことジギングに関しては「スポーツ」、
見ようによっては「苦行」であるとも言えます。
なのに、なぜここまではまり込んでいるのか。
もちろん「狩猟本能」というのが大きいんですが、
加えて一つ挙げれば、ギャップ感。
伊勢湾というのは、“工都”名古屋の海の玄関。
セントレアあたりから内側は一面ずっと工業地帯ですし、
伊勢湾口には自動車運搬船だのタンカーだのといった、
巨大な貨物船が列を作って通っています。
なのに、水面下では、とても豊かで変化にとんだ海が拡がっていて、
そこにジグ一つのシンプルな仕掛けで挑んだりする、
そんなギャップ感がまたたまらなかったりするのです。

実は釣りを始めたのは大人になってからです。
最初は堤防の餌づりだったのが、だんだんとエスカレート、
気がついたらこんなところまで来てしまっていました。
昔、パソコンとかゲームとかに夢中で気付かなかった「おもしろさ」を、
こうしてあれこれ味わってるみたいな感じでもありますね。
(傭兵隊長)

Comments are closed.