Home > Archives > 2018-08

2018-08

プランナーになりたい人、注目!

 8月17日・19日の体験入学では、ゲームCG分野の選択コースとして「企画コース」が実施されます。

 プログラマでもデザイナーでもない、第三のゲームクリエイターであるプランナー(企画職)。この志望も、名古屋工学院専門学校は手厚くサポートしています。科目「ゲームデザイン」は全学科の2年間必修で、現役プロの講師が授業を担当。3年次以降は、チーム制作として、企画構想から制作管理まで総合的に実習できます。一方で、有志によるゼミも実施。志望者が学年学科の枠を超えて集まり、切磋琢磨します。就職では「難関」として知られる企画職ですが、こうした分野全体の取り組みを通じて、毎年の就職を達成しているのです。

 17日は「ゲームプランナーになる方法」、19日には「実践・アイデアワーク」。プランナーになりたい方、ぜひともご参加ください。
 http://www.denpa.ac.jp/entrance_guide/orientation/index.html 

夏の体験入学、後半戦!

夏の体験入学、後半戦!

 8月17日からの3日間、名古屋工学院では夏の体験入学後半戦が始まります。
 もちろんゲームCG分野も、フル参戦! 17日(金)と19日(日)は、朝から午後まで実施する1日コース、18日(土)は午前中だけの半日コースとなります。
  http://www.denpa.ac.jp/entrance_guide/orientation/index.html
 
 また、8月18日(土)は、体験バスツアーも開催されます。中部地方の各地から出発する専用バスで参加できるこのバスツアー、参加費はもちろん無料! この機会に、ぜひとも起こしください。
  http://www.denpa.jp/bustour/index.html

サイバーコネクトツー・松山社長の講演が実施されました

 8月3日、夏のプレミアムイベントの第二弾として、(株)サイバーコネクトツー・松山洋社長の講演が開催されました。

 松山さんのお話は「学生の、企業が求めている人物像との“ずれ”」を中心としたもの。全国各校の大勢の学生が、“面白いゲーム”や“かっこいいCG”を作るべく努力しているものの、それだけでは就職することはできない……講演は、そんなショッキングな指摘から始まりました。次いで、業界の現実を具体的な数字とともに紹介。そして「ゲーム会社への就職」という結果を得るためには、どうすればいいのか、何をしなければならないのかという具体的な話まで、熱く展開されました。

 ある意味深刻なテーマですが、熱い情熱をベースに、ユーモアやエスプリもたっぷりと混ぜ込んだ松山さんならではの語り口に、会場はまるでライブ会場のような盛り上がり。最後には全員参加のワークショップも実施される、充実した内容となりました。



 次回は9月8日、「Doom」や「Fallout」で有名なZeniMaxグループの日本企業、ゼニマックス・アジアさんが登場します。参加ご希望の人は、こちらを!

https://www.denpa.jp/nkc/form/orientation_form/index.php?_ga=2.44694434.701974822.1533605965-1250050730.1519862588

Home > Archives > 2018-08

Search
Feeds
Meta

Return to page top