Home > プレミアム > 株式会社トライクレッシェンドの講演会を実施しました

株式会社トライクレッシェンドの講演会を実施しました

 平成27年7月25日に体験プレミアムイベントとして、株式会社トライクレッシェンドの初芝様による特別講演会を実施しました。

 まずは、株式会社トライクレッシェンドの携わっているゲームと事業内容を簡単ではありますが、紹介させていただきます。 株式会社トライクレッシェンドは、「テイルズ オブ ゼスティリア」や「大乱闘スマッシュブラザーズ」のWii UとNintendo 3DSなど主にコンシューマーのゲームを制作している会社です。

今回の講演会では、会社のことや採用、ゲーム業界を目指す人へのアドバイスなどをお聞きしました。ゲーム業界を目指す人へのアドバイスでは、「プレイすることと作ることは全然違う」など様々な事を教えていただきました。

そのアドバイスの中、一番印象強く、また、なるほどと思ったアドバイスがありました。それは、「資本主義の「資本」とはつまりお金のこと。日本はお金主義を採用している」というアドバイスです。 私の解釈が多少含まれますが、このアドバイスは、「自分の価値を高めること」につながると思いました。働けばお金、つまり給料がもらえます。もらった給料以上の働きを返せば、新たに仕事を貰えるかもしれないし、給料が増えるかもしれません。給料をもらう、仕事する(出来ることが増える=自分の価値を高める)は一種のサイクルなのではないかと思いました。
 
また、「目標は名詞で持とう!」という言葉に驚きました。
これは、私にも言えることなのですが、目標を持つときはよく「~なる」「~する」と動詞で決めることが多いと思います。しかし、具体的に目標を持つには動詞より名詞が良いのです。
例を挙げてみましょう。「ミュージシャンになる!」を直してみると、「ミュージシャンになって、ギター片手に歌を歌っている状態」という風に直してみました。すると、具体的に何を目指しているのかわかりやすくなりました。

私の目標も、今、動詞になっているので名詞に変えてみようと思います。目標を持っている皆さんも、目標が動詞になっていたら名詞に直してみるのはいかがでしょうか。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://gamecg.denpa.ac.jp/taiken/wp-trackback.php?p=332
Listed below are links to weblogs that reference
株式会社トライクレッシェンドの講演会を実施しました from 名古屋工学院専門学校 ゲームCG分野体験入学

Home > プレミアム > 株式会社トライクレッシェンドの講演会を実施しました

Search
Feeds
Meta

Return to page top